SKWイーストアジア株式会社 お問い合わせ
ネイチャープロダクツ部 メタラジカルプロダクツ部 コンストラクションポリマー部 会社案内
HOME > ネイチャープロダクツ部 > カフェインレス・コーヒー
カフェインレスコーヒー豆
カフェインレス・コーヒーとはコーヒー豆を脱カフェイン処理したコーヒーです。SKWイーストアジア(株)では、カフェインレス・コーヒーの
生豆を輸入しています。
ヨーロッパやアメリカでは選ばれて飲まれており、日本でも少しずつ関心が高まってきています。カフェインを避けたい妊婦さんや、授乳中
の方、またカフェインアレルギーをお持ちの方、コーヒーを飲むと眠れなくなる方などにおすすめです。
カフェや缶コーヒーはもちろん、ご家庭用や病院など幅広いシーンでお飲みいただけます。
世界中のどんなコーヒー豆にも対応できるので、ニーズに合ったオリジナル商品を作る事が可能です。
 
 
 
 
  現在、カフェインレス・コーヒーの代表的なカフェインの抽出方法は3種類あります。
 
  SKWイーストアジア㈱では 2 種類の二酸化炭素抽出法によるカフェインレス・コーヒーを輸入しております。

カフェインレスコーヒー豆3種


今までカフェインレス・コーヒーではあきらめていたコーヒー本来の香りや、美味しさを残せる新しい抽出方法です。この抽出方法はドイツで発明されヨーロッパやアメリカ日本でも特許を取得しています。
超臨界二酸化炭素抽出法よりも豆にやさしい条件(温度・気圧など)で抽出をするため、香りや味が損なわれにくいのが特徴です。分析値を見てもクロロゲン酸などの数値が本来のコーヒーに近く、数値によっても美味しさが証明されています。
液体二酸化炭素抽出法との違いは抽出時の条件(温度・気圧)です。現在、日本ではこの超臨界二酸化炭素抽出法とウォーター・プロセスによるカフェインレス・コーヒーが主に流通しています。

 
 
 
  ウォーター・プロセスとは、文字通り水によってカフェインを抽出する方法で、日本でも数多くの商品が販売されています。
水を使用しているので安全ではありますが、一方で、風味や味が落ちるとも言われています。
   
 
  有機溶剤を使ってカフェインを抽出する方法です。現在、日本での販売は認められていません。
 

   
 
製品
カフェインレス・コーヒー 生豆
加工国
液体二酸化炭素抽出法 → ドイツ
超臨界二酸化炭素抽出法 → イタリア
荷姿
麻袋(約60kg)
ロット
液体二酸化炭素抽出法  → 3 トン〜
超臨界二酸化炭素抽出法  → 8 トン〜
カフェイン残留率
0.1%以下
  カフェインレスコーヒー麻袋入り
 
   
 
         
  コロンビア マンデリン
  ブラジル ケニヤ
  エチオピア インドネシア スマトラ
  グァテマラ ペルー

高級アラビカ種を使用しています。上記の他にもさまざまな産地やグレードがございます。オーガニックでも扱える商品がありますので、お問い合わせ下さい。
カフェインレスコーヒー麻袋入り
 お問い合わせ   メールで受け付けております。info@skwea.co.jp
 
▲Page Top
SKWイーストアジア株式会社
〒102-0075東京都千代田区三番町2番地 三番町KSビル
TEL:03-3288-7352 FAX:03-3288-7358 e-mail:info@skwea.co.jp
個人情報保護方針お問い合わせ
Copyright (C) SKW East Asia Limited All Rights Reserved.